事業概要
 現在、日本の不動産市場が抱える問題や課題は、大きく次の3つのテーマに分けられます。

不動産所有者・相続人

そして、実際の私たちの生活においては、次のような疑問や課題が生じています。

 

不動産所有者・相続人

不動産所有者・相続人

・元気なうちに相続について話し合っておきたいけど、どこから始めれば良い?

・寝たきりや認知症になる前に「家族信託」するとメリットがあるって聞いたけど?

・昔、親が購入した未利用の不動産があるけど、どうしよう?

・両親が亡くなって、田舎の実家が空家になっている・・・

・売却予定の不動産、建築条件や権利関係、設備状況の調査をして欲しい

・相続税の基礎控除額が変更になったらしいけど、どの位の資産だと課税されるの?

・相続が発生したときのために、所有不動産の評価を知っておきたい

・実家の不動産、将来の売却見通しと現在の評価を知りたい

・相続が発生したとき、兄弟間で揉めないように今から対策を講じておきたい

・所有地の道路の権利関係が複雑って聞いたけど、どんな内容で解決策はあるの?

・相続で取得した共有名義の不動産を売却したいのだけど、どうすればいい?

 

不動産投資家

不動産投資家

・将来設計のため、不動産投資を始めたいと思っているけど、何から始めれば良い?

・賃貸経営の法人化で節税が図れる聞いたけど…

・投資用不動産の購入、いくらで買えば良い?

・投資用不動産の購入、自己資金と借入金の割合はどの位が適切?

・マンションを購入運用したら、10年後の最終収益ってどのくらい?

・投資用不動産を買ったけど、思うようにキャッシュが増えないな・・・

・実物不動産投資と上場不動産投資信託への投資、それぞれのメリットとデメリットは?

・民法が改正されるって聞いたけど、現在の賃貸借契約、何か変更は必要?

・不動産投資を行うとき、目安になる指標は?

 

地主様・土地賃借人

地主様・土地賃借人

・貸宅地を売却したいな・・・

・相続が発生したら、貸宅地の評価額はいくらになるの?

・相続が発生したら、借地している土地の権利は評価されるの?

・旧法の借地法に基づく貸宅地は返還されないって聞いたけど、本当なの?

・貸している土地、もっと有利な活用方法はないの?

・自分の代で、土地の賃貸借や権利関係を整理したいと思っている

・賃貸期間が限定される事業用定期借地契約があるってきいたけど、どんな内容?

・土地を賃貸したいけど、建物建築で負債を負うのは嫌だな・・・。

・毎年の不動産所得の税負担が大変、何か対策はないかな?

・個人の不動産所得、家族に分散する方法はない?

・昔、締結した土地の賃貸借契約、地代の変更はできないかな?

・借地している土地の底地を購入したいな・・・

・家賃保証付きアパートの建築を勧められているけど、本当に安全?

 

一般法人

一般法人

・将来の事業安定を図るため、不動産賃貸業を始めたい

・将来、長男に事業承継したいけど、今からやっておくべき対策ってある?

・土地建物の所有者が異なる事業用不動産、権利関係を調整しておきたいな

・会社の株式評価、不動産の評価を考慮するといくら?

・会社保有の不動産、時価評価はいくらになる?

・未利用の不動産、売却と活用のどっちが得?

・取得予定の事業用不動産、客観的なメリットとデメリットを知りたい

・不動産を処分して、会社を清算したい

・不動産資産を含めて、会社を譲渡できないかな?

 

 しかしながら、実際にそのような疑問や課題があっても、
「どこに相談すれば良いのか分からない」・「なかなか話が進まない」といったケースが多く発生しています。

疑問や課題

 

その背景として、

  • これって、不動産会社に相談する話なの?
  • 税金や権利関係の話だから、税理士や弁護士に相談すべきなのかな?
  • 相談してみたいけど、規模の大きい話でもないし・・・
  • わざわざ相談するのも気が引けるし、相談先の心当たりも無いな・・・
  • 相談したら売却や活用を勧められるのでは?
  • 後でしつこく営業されたりするのも嫌だな・・
  • 以前相談したときは、建物建築を勧められただけだったし・・・
  • 顧問の税理士先生に相談してみたけど、不動産に詳しくないみたい
  • 顧問の先生に相談したけど、忙しいみたいでなかなか回答が来ない・・・

などがあります。

また、仮に相談に至った場合でも、
不動産会社も、「売買を専門とする会社」、「賃貸仲介が得意な会社」、「管理がメインの会社」など、専門分野や得意分野が異なる場合が多くあります。
弁護士や税理士の先生においても、不動産会社と同様に特化している分野や得意とする分野が異なるケースが少なくありません。

BITキャピタルパートナーズは、お客様が不動産資産に関してお持ちの悩みや課題について、土地1区画から投資・事業用不動産まで対応しています。
「不動産取引と運用のプロフェッショナル」として、そして「お客様一人一人のコンシェルジュ」として、お客様のご相談の状況や背景、現在の社会経済状況、不動産市場動向などを踏まえた課題解決型の「不動産資産コンサルティング」と「パートナーズサポート」を行います。

なお、BITキャピタルパートナーズでは、弁護士・税理士・司法書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・行政書士、金融機関、保険アドバイザーなどの専門家の皆様とのネットワークを構築しています。

不動産資産の投資運用、相続、信託、承継、権利調整における課題の解決に当たっては、法務面・税務面・登記測量面など専門分野に精通した信頼できる専門家との連携が必要になるケースが多くあります。
その場合は、弊社の専門家ネットワークを活用し「お客様の問題と課題の解決に向けた専門チーム」作りを行ってまいります。

また、お客様によっては、税理士の先生をはじめ、懇意にしている又は顧問契約している専門家の方がいらっしゃる場合もあります。
BITキャピタルパートナーズでは、そのような場合も、お客様が取引されている専門家の皆様と情報を共有させていただき、お客様の取引されている専門家の皆様と一緒にお客様のための新たなネットワークの構築と個別専門チーム作りを行います。

弊社へのご相談やご依頼にあたりましては、お客様が求めるネットワークの形や専門家チームの構成、専門家に期待する人柄やコスト面などについても、併せてご相談いただければと存じます。

注目トピックス

  1. 12月3日(土)、仙台アエル30階のTKPガーデンシティ仙台において、東証アローズの株式市況番組キャ...
  2. 平成28年11月26日(土)に石巻駅前の「おもうや」で開催された宮城県行政書士会石巻支部研修『資産管...
  3. 10月5日(水)に地元金融機関様の行員向けセミナーを開催。

インフォメーションカテゴリー